サバスプロテインのおすすめ人気ランキング|目的別、味、コンビニなど

プロテインの画像

プロテインでよく聞くのはサバスプロテインだと思います。
そのサバスプロテインのおすすめや目的別選択法を紹介します。
また、コスパの良い購入法や、便利なコンビニでの購入の際の注意点など盛りだくさんです。
ご参考ください!

サバスプロテインが選ばれている理由とは!

選ぶ画像

ザバスプロテインはアスリートやボディビルダーのようなプロだけではなく、一般の人でも手軽に購入できる価格の安さが特徴です。
そのため大勢の人が日頃のトレーニングのお供として使用しています。
また数々のプロテインと比べると、ザバス製品は知名度が段違いで高いです。
通販サイトでプロテインと検索すると真っ先にピックアップされ、スーパーやドラッグストアにプロテインコーナーがあるとまず置いてあるのはザバスです。
そうした日本のプロテインの代名詞としての扱いも、選ばれている理由と考えられるでしょう。

サバスプロテインの選び方・ポイントとは?

ポイントの画像

ザバスには目的に合わせたシリーズがあります。
日常生活のトレーニングで無理なく筋肉を付けたい場合は、ベーシックを選ぶと良いでしょう。
そこからより効率的にプロアスリート並みのコントロールをするのであれば、高いたんぱく質含有率を誇るハイスペックが適しています。
そしてシルエットを大きくしたりスリムにする、スタイルコントロールに重点を置いたシリーズもあります。
またプロテインを摂取する場所が限られている場合は、手軽に飲めるスティックやゼリータイプだと持ち運びも便利です。

人気ランキングでおすすめの味とは

おすすめランキングの画像

ザバスにはいくつもの風味が用意されていますが、ココアやチョコレート系統が最も無難で人気も高いです。
基本の水に溶かす以外に、たんぱく質の量を増やす目的などで牛乳と混ぜることもありますが、水と牛乳のどちらとも相性が良いのが特徴です。
最も風味のバリエーションが多いのはベーシックですが、定番のココアとバニラを基本として、派生した風味が多いです。
そのためまずは無難に定番の2つから選んで、どちらが自分に合っているかを確かめると良いでしょう。

おススメのホエイプロテインのサバスの魅力とは?

基本のザバスに使用されているプロテインは、牛乳に含まれるホエイという成分をメインに置いています。
吸収が速いため、トレーニング後にすぐにプロテインを摂取したい場合に適しています。
そしてたんぱく質の含有用が高く、効率的な摂取ができます。
たんぱく質は消化されるといくつかの種類のアミノ酸に分かれますが、ホエイは必須アミノ酸と呼ばれるBCAAを多く含んでいます。
そのため身体の基礎作りにも貢献させやすいのが魅力のひとつです。

ザバスウェイトダウンでおすすめの味とは

サバスプロテインの画像

ザバスが大豆プロテインを使用して原料の手助けをするウェイトダウンシリーズには、ヨーグルト味とチョコレート味の2通りが用意されています。
味はどちらも甘めですが、チョコレートの方が強い傾向があります。
そのため甘さが苦手だったり、スポーツの際に極端な甘さを求めない人は、ヨーグルト味を選択すると良いでしょう。
水に溶かして飲むと比較的スッキリとした味わいになります。
ただあくまでも個人の好みで好き嫌いが大きく分かれるため、余裕があると飲み比べてみると良いでしょう。

ザバスミルクプロテインの味がおすすめ

ミルクプロテインの画像

付属のストローで飲める紙パックタイプと、ボトルタイプだと開け閉めが出来ます。
3つの味が用意されていて、バニラ・ミルク・ココア・バナナなどが用意されてます。
中でも甘い味が好きな方におすすめなのがバニラでまるでバニラアイスのように美味しいです。
冷たく冷やせば飲むアイスのようでたんぱく質も15g入っていて、代用にしてもいいかもしれません。
甘い飲み物が好きな方には特におすすめです。
ミルクは粉末タイプのプロテインのようで一番定番で甘味料が入ってません。

コンビニのサバスプロテインがおすすめ!

コンビニの画像

最近は気軽にコンビニでも買えるようになっていて、サバスは大きな袋に入った印象がありますがこれは飲み物として作られていてシェイカーはいらず簡単に手軽にいつでも飲めます。
常温保存も出来て持ち運びにも便利です。
脂肪はぜろで1本でたんぱく質が15gもとれるのが魅力で、含まれているミルクプロテインは胃の中で凝固を防いで体内で速く効率的に吸収出来ます。
ミルク風味なら人口甘味料が入ってなく甘さがないのでさらっと飲めて低脂肪乳に近い感じです。
後味もすっきりです。

女性におすすめのサバスプロテインとは?

サバスプロテインの画像

女性にもおすすめなのはココア風味で他のだと量が多すぎるという方でも、少量なので飲みやすいです。
甘さは控えめですっきりした旨味があってプロテインに慣れてない女性でも気軽に飲めます。
さらっとしたのど越しなのでおやつ代わりや朝食と一緒に飲んでもいいです。
また、バナナ味は他のバナナミルクなど比べてもあまり変わらず、他の味よりもさっぱりな感じで甘さもしつこくなく幅広く飲める風味です。
脂肪が含まれてないのでダイエットにも向いてます。

ホエイプロテインのおすすめの味とは?

おススメのサバスプロテインの画像

最近は水に溶けやすいホエイプロテインが主流で、牛乳に含まれている乳清を原料にしていて味が淡白で飲みやすく、水溶性ビタミンやアミノ酸なども豊富です。
ココアやバニラ、コンソメなど色々な味が揃っていて少量タイプもあるので、まず少量で試してから自分が好きな味を見つけるのがいいです。
ココア味は水で溶かして飲むと薄めのココアな感じで、粉っぽさもなくて牛乳っぽい風味も残ります。
水以外にも牛乳や豆乳など他の飲み物と混ぜることも出来て、中にはコーヒーと混ぜて飲む人もいます。

コスパの良いサバスプロテインの購入方法とは!

コスパの画像

ザバスプロテインの購入方法は、公式サイトや通常のお店、他の大手の通販サイトなどでも買うことが出来ます。
中でもコスパが良いのがAmazonの定期便でこれは、簡単に申し込みが出来て配送頻度は自由に1ヶ月から6ヶ月の間で選択可能、配送してないならいつでも変更できますし最低回数の縛りもありません。
1回目を頼んですぐにキャンセルしてももちろんキャンセル料金もかからず、定期便を3件纏めるとプライム会員だと15%割引もあります。

筋肉肥大化におすすめのサバスプロテインとは?

筋肉肥大化の画像

アスリートをサポートするためにスポーツ栄養学に基づき開発されたのが、サバスプロテインです。
プロテインとは筋肉を作るために必要な栄養素で、主にヨーグルトや大豆、牛乳などに多量に含まれています。
ザバスプロテインにはこうした食材から摂取できる成分が多量に含まれていることもあり、筋肉肥大化を求めている人にとって効果的な商品なのです。
味も様々なものがあるため、飽きることなく継続して摂取することができる点も魅力です。

サバスプロテイン ソイがおすすめ

サバスプロテイン ソイの画像

サバスプロテインソイは、大豆に含まれるタンパク質が粉末状になったものを主成分としています。
その一方で、糖分や脂肪分を減らしていることもあり大量に摂取しても体重増加を抑制することができます。
消化が遅いため一度摂取すると長時間空腹感を感じることはなく、食べ過ぎてしまうこともありません。
また、大豆にはイソフラボンの効果も期待できますので、特に女性で肌の張りを保ったりシェイプアップしたい人におすすめです。

サバスプロテインダイエットとは?

サバスプロテインダイエットの画像

普段の食事の一部にザバスプロテインを取り入れることで、余計な糖分や脂肪分を増やさずに行うことがザバスプロテインダイエットです。
場合によっては、普段の栄養素を摂取しないことから体調のバランスを崩す可能性もありますので今まで以上にバランスよく食事をすることが大切です。
ザバスプロテインダイエットを実践すれば、それに含まれる成分のおかげで食事量を減らしても満腹感を得られますので余計な脂肪を筋肉に置き換えることができます。

wphプロテインのおすすめ

最もおすすめなのが、鍛神プロテインPROです。
多くのプロテインに該当する粉っぽさを全く感じず、美味しさを追求しているため初めての人でも飲みやすいと言われています。
もちろん配合されている成分も申し分なく、楽しく筋肉肥大化を続けることができます。
フレーバーの多さで有名なのが、チャンピオンピュアホエイプロテインです。
タンパク質はそこまで多くはありませんが、4種類ものフレーバーが販売されているため続けやすさではダントツです。

プロテインを摂るタイミングとは?

プロテインを摂るタイミングの画像

筋肉肥大化のためには、運動後30分以内を目安に摂取すると良いです。
トレーニング後は筋繊維が傷つき、それを修復することで筋力が強化されます。
プロテインは筋繊維の修復に非常に効果的で、トレーニング後30分以内が筋肉が最も栄養素を必要とする時間帯であり吸収力が高まるのです。
仮にこの時間を過ぎて摂取しても問題はありませんが、時間とともに筋肉を分解してエネルギーへと変わってしまうため筋力アップの効果は減少してしまいます。

まとめ

サバスプロテインはもっとも多くの人に利用されているプロテインと言っても過言ではありません。
ネットはもちろんコンビニやドラックストアでも必ず見かけます。
そんなサバスプロテインの目的に応じたおススメとコスパの良い購入方法など紹介しています!

関連記事

今回はサバスプロテインについてでしたので、プロテインに関連のあるおすすめの記事を紹介します。↓