市販のプロテインのおすすめ人気ランキング10選と失敗しない選び方

プロテイン市販の画像

最近のプロテインブームのおかげで、近所のスポーツ店だけでなくドラックストアやコンビニなどでも手軽に購入できるようになりました。
そこで市販のプロテイン用品のオススメやコスパの良いプロテインを紹介します!

コスパ最強の市販プロテインおすすめの理由とは?

コスパの画像

効率的にたんぱく質を摂取できるプロテインは、かつてはアスリートなど一部の人に向けたものでした。
しかし一般の人が飲んでも、たくましい身体作りやダイエットなどで様々な恩恵を受けられます。
日常生活でたんぱく質が不足している場合のサポートとして使用しても良いでしょう。
プロテインはホエイの有効性に気付くなどで、価格の安い製品が多いです。
そしてジム専用ではない市販プロテインであっても、十分な質を期待できます。
まずはドラッグストアなどで市販のプロテインを見ることから始めましょう!

太ってしまうプロテインの取り方とは?

太る画像

プロテインはあくまでもたんぱく質を摂取するための食品なので、普段の食事で十分量を摂った直後に飲むとその分が余剰になってしまいます。
そうするとそれが身体に蓄積されて太ってしまいます。
そのため飲むタイミングを考えなければなりません。
また複数あるプロテインには、主に吸収速度で太るか太らないかに関係してきます。
過剰摂取に繋がりやすい吸収率の高いタイプを選べば太りやすくなりますが、逆に太りにくくもできます。

痩せるプロテインの取り方とは?

痩せる画像

最もプロテインが効果を発揮するのは、身体がたんぱく質を必要としている時です。
長時間お腹に何も入れなかった起床時や、運動直後がそれに当たります。
就寝中でもしっかり吸収されるため、寝る前でも良いでしょう。
このいずれかに摂取すると、無駄になることなく消化されるはずです。
また脂肪や糖質の多い食事を減らす置き変えダイエットに使用するという方法もあります。
過剰にならない限りダイエットの足を引っ張りにくいたんぱく質と、ビタミンなどを多く含んでいるからです。

格安の市販プロテインはどこで買う?

市販の画像

プロテインはスーパーやドラッグストアでも販売されていますが、通販の方が価格が安い場合がほとんどです。
小中規模の店舗であれば、定番製品のさらに少量分しか取り扱っていないことが多いです。
それに対して通販であればメジャーからマイナーまで幅広く取り揃えていて、店舗での購入より選択肢が少なくなることはまずありません。
またkg単位での購入になるので、持ち運びのことを考えても通販の方がメリットが大きくなります。

プロテイン初心者向けのおすすめとは?

初心者の画像

プロテインは継続することで高い効果を発揮してくれます。
そのため初心者の人が購入する場合は、まず費用面で続けられるかどうかを考えましょう。
ただコストパフォーマンスが高いからといって、1袋に何kgも入っている製品をいきなり購入するのは危険です。
場合によっては飲む度にお腹を壊してしまうこともあるからです。
プロテインにはいくつかの種類があり、目的も異なる上に体質との相性もあります。
なのでまずは少量から試してみると良いでしょう。

市販プロテインおすすめランキング10選

おすすめのプロテインの詳細を紹介します。
自分に合った商品を比較・検証してみてください!

筋肉肥大化プロテイン

筋肉を肥大化させたいのであれば、ハードなトレーニング後に素早くたんぱく質を摂取することが大切です。そしてプロテインには、その効率を考えて造られたタイプがあります。
細かなポイントは異なりますが、製造のために特殊な技術を使用したり、成分を厳選してある製品がほとんどです。
ただその分コストがかかっているため、他のタイプと比べると割高になりがちです。
しかしその工夫が本物であれば、筋肉肥大に大きく貢献してくれることでしょう。

ホエイプロテイン

ホエイプロテインは、牛乳に含まれる乳清という成分を使用しています。
元々は他の乳清品を製造する際に排出されるものなので、非常にリーズナブルな点が特徴です。
それにも関わらずたんぱく質の含有量が高く吸収されるまでの時間も短いため、筋肥大にも大きく役立ちます。
これらメリットが大きいため、プロテイン製品のシェアとしても大部分を占めています。
コストパフォーマンスを優先したいのであれば、迷わずホエイプロテインを選択すると良いでしょう。

お菓子型プロテイン

プロテインは粉末を水や牛乳に溶かして飲むタイプが多いですが、中にはスティック状にしてあるなどのお菓子型もあります。
プロテインは液体にしてしまうとすぐに傷んでしまうため、飲む直前に粉末を溶かさなければなりません。
しかし職場などでは不可能な場合があります。
そんな時に固形で長時間置いておけるお菓子型が役立ちます。
またしっかりと食べるという動作ができるため、単純なたんぱく質の摂取だけでなくダイエットにも効果的です。

カゼインプロテイン

牛乳に含まれるたんぱく質の大部分を占めるカゼインを使用したプロテインは、吸収するまでの時間が長い点が特徴です。
そのためトレーニング直後のに効率良くたんぱく質を補給したい場合には向いていませんが、時間をかけて血中のたんぱく質量を増やす際に有効的です。
また吸収に時間がかかるということは空腹にもなりにくいという意味でもあるため、余計な間食の防止などでダイエットにもなります。
もちろん菌肥大のために他のタイプと組み合わせる方法もあります。

ミルキープロテイン

プロテインはそのままだと飲みにくいため、ほとんどの製品にチョコやイチゴなどの味付けが施してあります。
そして中には、定番のお菓子であるミルキーと連携して作られた製品もあります。
味付けには本物のミルキーと同じ練乳を使用してあるため、好きな人にとっては飲用そのものが楽しみになるはずです。
ホエイタイプで1食30g当たりにたんぱく質が21g含まれているため、プロテインとしての質も高いものを期待して良いでしょう。

ライザッププロテイン

ライザップではダイエットやトレーニングを目的とした事を行っている。
その為運動消費量も激しく食事も管理して行っています。
しかし、単に食事を取るだけや食事制限だけでは健康的な身体を作る事はできません。
そこで重要となる栄養素はたんぱく質です。
もはやライザップではこの栄養素は欠かす事の出来ない栄養素と言えます。
限界まで追い込んだ身体をライザップ独自で作られた2種類のたんぱく質が含まれているこのプロテインでより健康体、健康美が作られるのます。
効率的に摂取できるたんぱく質はこの製品です。

サバスプロテイン

明治という大手から作られた「サバスプロテイン」は薬局、薬店で良く見かけます。
味が豊富なのが魅力の一つであり、ココア味やバニラ、コンソメなどご自身の好みの風味にあった商品を選ぶ事ができます。
また粉末状である為水に溶かして飲む事ができます。
水に溶かした場合でも飲みにくいという訳ではありません。
水だけでなく牛乳や豆乳等と一緒に飲んでも良いですし、自分に合った飲み方が出来るのが特徴です。
又少量タイプ、ゼリー状、タブレットタイプもございますので飲み方を自由に選べます。

wpiプロテイン

筋たんぱくの中で最も合成力が高いのは「ホエイプロテイン」です。
これはいくつか種類があり、WPIプロテイン、WPCプロテインです。
たんぱく質だけを摂取したい方にはこのWPIの方がお勧めです。
それはたんぱく質以外の成分をなくしているからです。
用途はどちらかと言えば「体を大きくしたい」方に向いていると思われます。
ダイエット目的でも摂取しても良いとは思いますが、摂取する場合は少量の方が良いでしょう。
筋肉は重く、体重計に乗っても体重が変わってないという場合があるからです。

スーププロテイン

この商品の魅力はなんと言っても「活用用途が高い」という事です。
スープ状の為「料理に使える」事ができると思われます。
粉末状だと次第に飽きてしまう場合も想定できます。
しかしこのスープ状だと料理に活用できる為「レシピ」作成もできます。
レシピがあればその日その日で違うメニューを作り、飽きる事もありません。
この商品は体を大きくする事より「ダイエット用」に主として活用できると思われます。
料理にアレンジしながらプロテインを摂取するのもいいかもしれません。

スムージープロテイン

スムージープロテインの魅力は「摂取しやすさ」です。
その名の通り果物がベースでありほぼジュース感覚で飲めます。
アレンジも様々でバナナやキウイフルーツ、豆乳等ご自身が飲みやすいスムージーを購入するといいでしょう。
スムージーの作り方はクックパッド等にも記載されており、自分で気軽に作る事も可能です。
又、食事の後のソフトドリンク変わりにのまれてもいいと思われます。
こちらはダイエット、筋肉質体型とどちらとも使えます。

まとめ

筋トレブームにより、プロテインを摂取する人が増えてきています。
摂取方法や用途、タイミングを間違えなければ、健康的に、効率的に筋トレの成果を発揮することがることができます。
そのプロテインの正しい摂取方法を紹介します!

関連記事

今回はプロテインの正しい摂取方法を紹介しました。
他にもプロテイン関連でおすすめの記事を下記に紹介します↓