筋トレのメリットとデメリット!初心者がやってはいけないこと

筋トレは見た目のボディメイクやダイエット効果のある基礎代謝をあげたり、
多くのメリットがあります。
しかしデメリットがあるのも事実です!
筋トレの前にデメリットを把握しておくことで、効率的で遠回りのしない
効果的な筋トレができます!
ここでは初心者の方が間違ったり、勘違いしやすいデメリットを紹介します!

朝に行う筋トレのデメリット

デメリットの画像

筋トレを習慣づける意味で、朝仕事に行く前にトレーニングを行う人も多いかもしれません。朝の筋トレが必ずしも悪いというわけではありませんが、いくつかの注意が必要です。
まず、朝起きた後は体が目覚めていないため、使える体力も限られています。まだ眠い状態で筋トレをすると、十分に負荷をかけられないままにメニューが終わってしまい、効果が薄れる可能性があります。
また、体が目覚めていない状態で体に負荷をかけると怪我をするリスクも高まります。どうしても朝にトレーニングを行いたい場合は、準備運動を入念に行うよう心がけてください。
睡眠不足のときや疲れているときに体に負荷をかけても逆効果なので、そのような場合はメニューを中止するべきです。

男性が行う筋トレのデメリット

男性のデメリットの画像

男性の場合、女性と比べて体に筋肉がつきやすいので、筋肉の量を増やすことによる体型の変化が顕著に現れます。
もちろん理想の体型に近づけるのならいいですが、体を大きくしすぎることでお気に入りの服を着られなくなったり、外見のイメージが変わってしまったりもします。バランスよく筋肉を鍛えなければ、一部の筋肉だけ大きくてアンバランスの印象を与えてしまうかもしれません。
男性は、自分の理想をしっかりと設定して、バランスよく全身のトレーニングを行っていくようにしましょう。
エネルギーの消費量が多い分プロテインなどの食材を多くとる必要があるので、出費がかさむことにも注意が必要です。トレーニングにどれくらいのコストがかかるのかも事前にチェックしておきたいところです。

女性が行う筋トレのデメリット1

女性のデメリットの画像

女性が筋トレを行う場合、男性と比べるとすぐに効果が出づらいので、モチベーションが続かなくなってしまう人が多いです。
女性はダイエットや美容の一環として筋トレをする人が多いですが、自分の目指す体型に近づくのは簡単なことではありません。効果が現れないからといって諦めてしまっては、食材やジム通いのためにかけたコストが全て無駄になってしまいます。
すぐに効果が出なくても、諦めずに無理のない範囲でトレーニングを続けるようにしましょう。
トレーニングの曜日や時間帯を決めておくことはモチベーションの向上にとても効果的でおすすめです。始めたばかりのうちはできる範囲でトレーニングの予定を立てて、地道に継続するように心がけてください。

女性が行う筋トレのデメリット2

女性のデメリット2の画像

ダイエットをしている女性の場合、筋トレで筋肉を増やすと一時的に体重が増えてしまうことがあります。これは、筋肉が脂肪よりも重いため単純に体重を計測すると筋トレ後のほうが重くなってしまうためです。
脂肪を燃焼して筋肉を増やすことで痩せられるというわけではないことに注意しておいてください。これではダイエットに失敗しているのではないかと不安に思うかもしれませんが、そうではありません。
筋トレによるダイエット効果は、筋肉を増やした後に現れます。脂肪を筋肉に変えておくことで、体の新陳代謝が上がって太りにくい体質になれるのです。
一時的に増量してしまうデメリットはありますが、適度なトレーニングを続けていればすぐにダイエット効果も出るので、あまり気にしないのがおすすめです。

マッチョになることのデメリット

マッチョの画像

筋トレをすれば健康になれるという話がありますが、これは概ね本当だと言えます。
筋肉量を増やせば体脂肪率が減りますので、成人病を予防できるでしょう。ただしマッチョになることはメリットだけではなくデメリットも存在しています。
日常的に感じるデメリットはボディが大きくなることで、部屋が狭く感じるようになることです。ほかにも電車に乗るときに、周りに気を遣うという話も聞かれています。
日本人はマッチョ体型が少ないので、少なからず注目を浴びるという問題もあります。これは人によってメリットになれば、デメリットになる人もいるわけです。
ほかにも着られる服装が限定され、今まで着ていたものが合わなくなるなど、マッチョならではのデメリットがあるのです。

自宅で行う筋トレのデメリット

自宅のデメリットの画像

本格的に筋トレを行うためにパーソナルトレーニングを活用している人は増えてきました。
プロのマンツーマン指導を受けることにより、本格的な身体づくりができます。食事指導もしてくれるので、何を食べればよいのか把握できます。
しかしパーソナルトレーニングは相応に高額となり、4回で3万円程度になると考えてください。費用をかけずに筋トレをするとなれば、必然的に自宅で行うことになるでしょう。
ただ自宅で一人で行うような状況だと、ある程度の危険を伴うのがデメリットと言えます。トレーニングルームと比べて自宅は狭いことが多いので、行動が制限されてしまう問題もあります。
ほかにもモチベーションが上がらず、道具を購入したけどほとんどトレーニングをしていないという人も多いのです。

マシン筋トレのデメリット

マシン筋トレのデメリットの画像

本格的にトレーニングするならマシン筋トレが役立ちます。安全性が高いのがメリットで、特に初心者向けと言えるでしょう。
マシンによって強化できる部分が異なるので、強化したい部分に合わせたマシンを選ぶことができます。
一方でマシン筋トレにはデメリットもあり、マシン自体が高額なので自宅には導入しにくい問題があります。そのため定期的にジム通いする必要があるわけです。
また相性の問題もあるので合わないケースがありますし、すべての筋肉を強化するためには適していません。
スポット的に強化をするためには適していますが、バランスよく身体を引き締めるには合わないことがあります。効率よく筋肉を強化するためには、自重・フリーウエイトトレーニングなども併用するのがおすすめです。

筋トレをしないと不安になる?

ストレス不安の画像

毎日筋トレすることが日課になると、筋トレをしないと不安になることが多いでしょう。
確かに三日坊主で終えてしまうよりはいいですが、筋トレを休めない体質になったら問題があります。
筋トレは筋肉を強化するために役立ちますが、無理をしすぎると逆効果になるのです。筋力を維持するためには週に1回の筋トレで問題なく、回数を増やせばよいものではありません。
筋肉組織を強化するためには、筋肉をゆっくり休ませる時間も必要になります。2週間に1回のペースにしてしまうと、以前より負荷が大きく感じられることがあります。
1回でも休んでしまうと次も面倒になって休んでしまうケースが多いので、週に1回と決めたらしっかりとこなしましょう。

デメリットを熟知して筋トレの効果を最大化する!

効果を最大限にする画像

筋トレのデメリットの中で1番問題になるのが、無理なトレーニングによる怪我です。
特に多いのが、肘や手首や腰で、下半身に比べると上半身のトレーニングに重点を置く人が多いので、怪我も上半身の部分に多い傾向があります。手首や肘はサポーターをすることである程度の負担は軽減することができます。
また、腰も筋トレの方法によってはとても負担がかかる部分で、怪我をしたり痛めてしまうと日常生活にも支障がでてしまう可能性もありますので、十分注意する必要があります。特にデッドリフトは大きな負担がかかるトレーニングですので、必ず腹圧ベルトを巻くようにするべきだと言えます。
怪我をしてしまっては、筋トレの効果を最大限に得ることができない上に、今後のトレーニングにも悪影響を与えることにもなり兼ねません。
ですのでそれを防ぐためにも、サポーターやベルトなどは必ず着用するようにしましょう。

筋トレ メリット

女性からモテる男性のメリット

女性からモテる男性のメリットの画像

筋トレをすることで体は鍛えられ、その分筋肉がつきます。特に男性の場合には、そういった鍛えられた体は、男性らしい印象や強く頼もしい印象を女性に与えることができます
その印象は異性である女性にとっては、とても魅力的に映ります。特に意識していた人でなくても、鍛え上げられた体を見ると、異性として意識してしまうという女性は多くいます。
最近では、昔に比べると体づくりに注目が集まってきており、女性も積極的に筋トレを行うようになってきています。その分、筋肉が好意的に受け入れやすくなったため、トレーニングをして体づくりをしている男性は女性にモテやすいと言えます。
筋トレをすることで、理想の体が手に入るだけでなく、場合によっては好きな女性を振り向かせることもできるかもしれません。

人生が変わった女性のメリット

人生が変わった女性のメリットの画像

女性は男性に比べると、筋肉量が少なく脂肪が多い傾向があります。そのため、太りやすい特徴があり、特に年齢を重ねて体の基礎代謝が落ちてくるとそれが顕著になってきます。
中年になってくると、お腹やお尻周りにお肉がつきやすくなってくるため、服装もそれをカバーするようなものを着るようになります。そうすると、だんだんお洒落をしなくなり突然老け込んでしまうというのはよくあるケースです。
しかし筋トレをすることで、体のラインに自信が持てるようになると、様々な面で変化があらわれてきます。自分に自信が持てるようになると、お洒落を楽しむようになったり、あらゆることに積極的になれます。女性の場合は特に見た目の変化がもたらす影響が大きいため、筋トレによって体づくりをすると、人生まで変わってしまうこともあるのです。

新陳代謝が良くなる

新陳代謝が良くなる画像

筋トレをすると、体内で分泌されるホルモンの量が増えます。
それがアドレナリンと成長ホルモンで、この2つは体の活動を活発にする効果があります。その効果の中には新陳代謝の活発化も含まれており、脂肪の分解を促進しエネルギーに変えてくれる働きがあります。
そうすることで、体内の脂肪が消費されていくので、結果的にダイエット効果が得られるのです。
筋トレをして筋肉を増やしていくと、体内の糖や脂質を消費することができる量も増えてくので、その分新陳代謝も良くなっていきます。
筋肉の量や働きは、全身の代謝効率に大きく影響します。ですので、筋トレによって筋肉を増やしたり大きくすることは、新陳代謝アップには欠かせないことだと言えます。

まとめ

筋トレを行うメリットはたくさんあります!
しかし、それに伴ってデメリットも潜んでいます。
デメリットも理解したうえで筋トレを行いましょう。
筋トレのデメリットを紹介しているので、お役に立てれば幸いです!

関連記事

筋トレのデメリットに関しての対応策の記事です。ご参考ください!