自宅懸垂器具売れ筋ランキングTOP10と器具なしおすすめ懸垂方法

懸垂最強説があるほど筋トレでは万能トレーニングです。
しかしなかなか懸垂施設のないのが懸垂トレーニングです。
そこで自宅にいながら懸垂が簡単に行えるおススメの器具を紹介します。
使い方、メリットを比較しながらあなたのライフスタイルに合った懸垂トレーニング器具をお選びください!

自宅でできる売れ筋懸垂器具(マシン)TOP10

チンアップバー

チンアップバーは、ドア枠の部分に簡単に取り付けることが出来る耐荷重100kgの懸垂器具です。懸垂だけではなく、あらゆるトレーニングに役立ちます。床に置いてバーの部分を両手でつかんで腕立て伏せを行うことも出来ますし、両足の甲の部分にバーを引っかけて腹筋運動をすることも出来ます。自宅に居ながらにしてトレーニングジムのような筋トレを行うことが出来る、便利で機能的なアイテムです。テクニック要らずで誰でも簡単に取り付けられるというのも嬉しいポイントです。

チンニングスタンド

チンニングスタンドはぶら下がり健康器のような器具で、安定感があります。ドア枠や壁などに取り付けるタイプのものとは異なり、独立したスタンドタイプなので家の建具に負担をかける心配がありません。思いっきり懸垂運動をすることが出来ます。自宅の中に広めのスペースがある場合は、チンニングスタンドを設置して懸垂をするのがベストな方法です。高さを調節することも可能なので、ぶら下がり健康器として利用するのにも適しています。

懸垂バー

懸垂バーは棒状の懸垂器具で、自宅のあらゆる場所に取り付けることが出来ます。取り付けるのに最適な場所としては、壁と壁の間やドア枠などがあります。購入する場合は、耐荷重をチェックしておきましょう。コンパクトで目立たないバータイプなので、スタンドタイプの懸垂器具を設置するスペースが無い場合や、インテリア性を損ないたくないという場合に最適です。グリップの部分は握りやすいように工夫がなされており、デザインもかっこいいものが多いです。

どこでもマッチョPRO

どこでもマッチョPROは、ドア枠に引っかけるタイプの懸垂器具です。特徴としては、取り付ける際に壁やドア枠に穴を開けたりネジや工具を使用したりする必要が無いので簡単で手軽、片手で取り外すことが出来てすぐに片付けられる、床に置けば腕立て伏せ用の器具として使用することが出来るなどがあります。商品名の通り、どこでも気軽に筋トレをすることが出来ます。あらゆる場所の筋肉を鍛えることが出来るので、一つ持っていると重宝します。

ぶら下がり健康器

ぶら下がり健康器はシンプルな懸垂トレーニングとして利用される器具でしょう。シンプルなためコストもかからずに行うことができます。一昔前なら背筋を伸ばすための器具でしたが、いつでも手軽に行えるメリットがあります。懸垂だけでなく筋トレを行わない家族にも重宝します。

マルチジム2

マルチジム2は、懸垂と腹筋とディップスと腕立て伏せという4種類のトレーニングが可能な多機能型の懸垂器具です。懸垂をすれば大円筋や広背筋や三角筋や上腕二頭筋を鍛えることが鍛えることが出来ますし、ディップスや腕立て伏せをすれば大胸筋や上腕三頭筋が鍛えられます。腹筋も鍛えられるので、1台で上半身の筋力をまとめて効率良くアップさせることが可能です。自宅でトレーニングジムのような筋トレをしたいという人に最適です。

チンニングバー ドア用

ドア用のチンニングバーは、ドア枠の部分に取り付けるタイプの懸垂器具です。部屋が狭くてスタンド型の懸垂器具を置くことが出来ない場合や、懸垂トレーニングを日常生活の中に取り入れて気軽に筋トレをしたい場合に適しています。コンパクトでシンプルなデザインのものが多いのでインテリア性が損なわれる心配もありませんし、簡単に取り外しが出来るというメリットもあります。スタンド型の懸垂器具に比べて価格が安いというのも嬉しいポイントです。

チン&ディップスタンド

チン&ディップスタンドは、懸垂とディップスのトレーニングを行うことが出来るスタンド型の懸垂器具です。ぶら下がり健康器のような形をしていますが、ぶら下がり健康器よりも重厚なつくりで安定感があるので、思いっきり体を動かしてもグラグラしたりする心配がありません。トレーニングジムで行うようなチンニングやディップスを実現させたいという場合は、バータイプのものではなくスタンド型のものを設置して本格的な筋トレを実現させましょう。

懸垂マシン

懸垂マシンには様々なものがありますので、自宅用に購入する場合は自分の理想とする筋トレや住宅の環境やインテリアやライフスタイルや予算などにぴったり合った最適なものを選ぶことが重要なポイントとなります。上半身の筋肉を満遍なく効率的に鍛えたい場合はマルチタイプのものが適していますし、本格的な懸垂トレーニングをしたい場合は安定感抜群のスタンド型が適しています。手軽さやリーズナブルさを重視するなら、バータイプのものを選ぶのがおすすめです。

懸垂だけで十分トレーニング

懸垂は上半身の筋力アップに効果的なトレーニングで、懸垂だけでも十分な肉体改造効果が期待出来ます。鍛えることが出来る筋肉の部位としては、上腕二頭筋や三角筋や大円筋や広背筋や菱形筋などがあります。ぶら下がっていることで握力をアップさせることも出来ますし、ぶら下がった状態で両脚を上げれば腹筋を鍛えることも可能です。上半身のあらゆる筋肉を効果的かつ効率的に鍛えられるというのが、懸垂の最大の特徴でありメリットでもあります。

自宅で器具なしで行える懸垂方法

懸垂は、器具が無くても自宅で簡単に行うことが出来ます。具体的な方法についてですが、家の中のドア枠や窓枠や梁の出っ張った部分や隙間などをつかむ、背の高い家具の縁に手をかけるなどがあります。これらの方法は手軽に行うことが出来るというメリットがある反面、つかんだり手をかけたりする際に痛みが生じる、安定感が無いので安全性を確保することが出来ない、握力は鍛えることが出来てもその他の筋肉を鍛えることが出来ないなどのデメリットもあるため、一長一短です。

工夫して自宅で懸垂をしてみよう

懸垂マシンを設置するスペースが無い、自宅でコストを抑えた懸垂トレーニングをしたいなどの悩みや願望を叶えるための手段として、DIYで懸垂することが出来るスペースを作るという方法があります。ドア枠の部分にドアジムを取り付ける、壁と壁の間に突っ張り棒のような感覚でバーを取り付ける、天井からバーを吊るすなどがあります。家の中にこのようなスペースがあれば、いつでも気軽に懸垂トレーニングをすることが出来るようになります。

自宅のドアで懸垂をする方法

懸垂は上半身を鍛えるのに非常に効果的な運動ですが、自宅ではなかなか行う場所がありません。自宅のドアで懸垂をするには、直接ドアの端を手で掴むと言う方法がありますが、これでは強い握力がないとぶら下がっていることができない場合が多く、なかなか上手に行うことができません。そのため最近ではドアに設置出来る懸垂器具が販売されています。簡単に取り付けることができる上、様々な方向に設置することができるので自宅のドアで簡単に懸垂ができるのがポイントとなっています。

自宅で行う懸垂マシンとは

自宅で行う懸垂マシンには様々なものがあります。従来は自立式のものが非常に多く、部屋の中に設置してトレーニングを行うことができるものが多かったのですが、必要な時に設置をして行わなければならず、狭い部屋などの場合には使用するたびにしまわなければならないと言う問題がありました。また非常に大きく価格も高いため、気軽に行うことができないものが多かったのが実態です。そのため自宅で懸垂でトレーニングをしたくてもなかなかできないと言うのが実態でした。

懸垂バーを自宅に取り付ける方法

懸垂バーを自宅に取り付ける方法は、最近ではドアに引っ掛けるタイプのものが非常に増えています。簡単に取り付けることができる上、ドアのスペースを有効に活用できるので邪魔になることもなく非常に簡単に気軽に体を鍛えることができるのがポイントです。最近では様々な種類のものがありますが、ドア枠に固定するだけですぐに行うことができるようになっているものが多く、またその価格も比較的安いため気軽に購入することができます。

懸垂最強説とは

懸垂は自分の体重を利用して上半身をトレーニングすることができるほか、そのバーを握る位置を変え腕の感覚を変化させることで、鍛えることができる筋肉を変えることができるのです。そのため、そのつかみ方により自分の鍛えたい筋肉を選ぶことができると言うメリットがあります。その方法を習得することで上半身の様々な筋肉を総合的に鍛えることができることから、様々なトレーニング器具を使用しなくても良いことになります。この理由によりプロの間では懸垂最強説と呼ばれています。

まとめ

懸垂トレーニングはオールランダーなトレーニングです。
自宅で空いた時間にやればどんどん鍛えられていきます。
最強のトレーニングです。
ボディービルダーが考案した下記の最強の筋トレメニューもおすすめです。
 ↓↓↓↓